出欠管理スクリプトは、メニューより!

ロゴ

<< 甘南備山 | main | iPhone4 >>
両大血管右室起始症

年の瀬です。ぎんちゃんは、少しづつ大きくなって、先日の検診では、
5300g。退院時より、600gほど増えている。
しかも、エコーの検査で
「もしかしたら、カテーテル手術だけでいけるかも?」って。

ばんざーい

奇跡でも何でもいいから、手術しないに越したことない!
本当に、何も無いことを願って・・・います。


で・・・未だに、手術した内容がピーンと来ないと妻と話を
していたとき、ぎんちゃんの手術する際の説明書をみつけた。

せっかく?なので、記録しておきます。


病名:両大血管右室起始症、肺動脈弁下狭窄

 通常、左心室から起始する大動脈が右室と左室にまたがる様(50%以上右室から)に
 起始し、左室と右室の間の壁である心室中隔に穴が開いている先天性心疾患です。

 右室流出路に狭窄がない場合、心室中隔欠損を通じて左室から右室に血液が流れ込み
 肺血流が増加するため心不全、肺高血圧をきたし、呼吸器感染を起こしやすくなります。

 しかしながら、肺動脈弁下に重度の狭窄があるため、むしろ肺動脈血流は減少して
 チアノーゼが出現しています。
 
 啼泣(ていきゅう)等の刺激により狭窄が更に強くなると、更に肺血流は減少し、
 (場合によっては、肺血流が一過性に途絶)無酸素発作を引き起こし失神します。
 これが、持続すると致命的になることがあります。


手術の方法:両大血管右室起始症根治手術

 欠損孔をパッチで閉鎖し、肺動脈弁下(右室流出路)の狭窄(肥厚(ひこう)した筋肉)を
 切除します。


ほかに方法はないのか?
 両大血管右室起始症は先天性心疾患であり、放置するとチアノーゼが進行し、
 致命的になります。
 また、感染症心内膜炎や脳梗塞、脳腫瘍を併発する可能性があります。


なぜ、脳梗塞や脳腫瘍を併発するのか?
 血液は肺によって不純物が濾過され、再度体を回ります。
 指や足に怪我をしたとき、血液が空気に触れて、固まりますよね?
 小さな血栓が、静脈をとおり、心臓にもどってきますが、このとき、
 肺を通らず、再度体に血液がめぐるとき、血栓がそのまま、
 再度体にめぐっていきます。

 この小さい血栓が、脳にまわって、どこかで固まって、詰まって・・・
 想像に難くないですよね?ということです。


きんちゃんが鼻風邪を引いてしまった。そろそろ免疫が切れるのかな?
鼻水を吸い取るたびに号泣する。早く治ってね。


それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

| 先天性心疾患 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.tamakeri.org/trackback/1248459
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE